宅建業免許の事務所の要件

  • 宅建業免許を取るためには、どんな広さや間取りの事務所が必要だろう
  • 事務所の中に、何の備品を配置しておけばよいだろう
  • 自宅事務所やレンタルオフィスを事務所にする条件は?

不動産業を始めるための「宅建業免許」では、事務所がとても重要な要件となります。そのため、免許取得や不動産会社設立にあたっては、上記のようなお悩みを抱かれる起業家様も多くいらっしゃいます。

不動産業の事務所の形態

まず基本的には、不動産業の業務を継続的に行える機能を持つ部屋(フロアー)で、かつ、独立した形態を備えていることが求められます。(継続性と独立性)

継続性については、あまり問題が生じることはありません。が、たとえば時間貸しのレンタルオフィス等は、継続的に不動産業を行えるとはいえませんので、宅建業上の事務所としては使えません。

免許の審査においては、事務所の形態のうち後者、「独立性」が厳格に確認されることになります。

独立性が必要であることから、原則、戸建て住宅の一部(一室)や集合住宅の一室(一部)を事務所とすることは認められませんし、他の法人と同じフロアを共有して使う場合にも、原則、事務所とすることは認められません。

戸建て住宅や集合住宅の一室を事務所とする場合

ただし、戸建て住宅や集合住宅の一室であっても、以下のような要件を満たす場合には、例外として宅建業免許が下りることもあります。

  • その部屋独自の入口が設置されている
  • 独自の入口はないものの、玄関からその部屋まで他の部屋を一切通らず廊下だけで入ることができる

いずれの場合でも、事務所として使う部屋の独立性が高いことが前提です。たとえば、隣の部屋とふすまなどで仕切られているだけで、開け広げて使うことが前提の間取りになっていると、独立性が低く認められない可能性が非常に高くなります。

また、たとえ上記いずれかの構造になっていても、事務所として使用する部屋の奥に、事務所利用予定の部屋を通らなければ入れない部屋があると、独立性を満たさないことになります。(奥の部屋を使うとき、事務所を通らなければならなくなるため。この場合、奥の部屋も合わせて事務所とするなら、免許の可能性は出てきます)

他の会社と同じフロアーを共用する場合

こちらも、戸建て住宅の一室を利用する場合と同じように、高い独立性を持つことが求められます。

  • それぞれの会社に別の入口があり、他社を通ることなく各会社に入れる(内部も固定式の背の高いパーティション等で、少なくとも他社としっかり間仕切りされている)

もっとも、実際上よく問題になるのは、既に別の会社さんがフロアー全体を使っており、その一部を間借りするかたちでの宅建業免許の申請(不動産業の開業)です。

このようなときは、そのフロアーの入口から入ったところを固定式の背の高いパーティションで共用の待合スペースのような形で間仕切りし、そのスペースからさらに各会社へ入るドアを設置して区分することで、宅建業免許の申請が受理されるよう持って行くことが多いです。

この際、仕切りの方法やパーティションの種類、高さなどによっては、行政庁からOKが出ないことがあります。そのため、これからコストをかけてパーティション等を導入する(独立性を高める工事などを行う)というときは、事前に行政庁へ確認を取っておくほうが無難です。

独立性の要件は年々厳しくなっている

事務所の要件は、「こんな感じで行けるだろう」という思い込みで進めてしまうと、行政窓口で申請する際や、申請後の審査において、「これでは免許を下ろすのは難しいです」と拒否されてしまうことも多々あります。

特にここ数年、事務所の独立性の要件は年々厳しくなっていますから、「前に免許を取った会社と同じような間取りだから、なんとかなるだろう」と高をくくらず、事前確認を行いながら確実に進めるほうがよいです。

宅建業免許や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望のご連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る