宅建業免許の事務所の要件

宅建業免許を取るためには、どんな広さや間取りの事務所が必要? 事務所の中に、何の備品を配置しておけばいい? 自宅事務所やレンタルオフィスを事務所にする条件は? 不動産業を始めるための宅建業免許の申請では、不動産業に従事す…

続きを読む

宅建業免許における本店と支店と従たる事務所

宅建業免許の申請では、不動産業に従事する「事務所」がとても重要な要素となります。 宅建業免許以外の許可制度・免許制度においては、事務所がとりあえず存在すれば申請が可能なものもあります。しかし、宅建業免許の事務所は、事務所…

続きを読む

宅建業免許を受けるための会社の商号や目的について

不動産業開業のため(または不動産業を新たな業務として追加するため)、宅建業免許の申請をする場合、会社の商号(会社名)や事業目的について、いくつかの注意点があります。 会社の商号について こちらはおそそらく、ほとんどの会社…

続きを読む

宅建業免許の有効期間と免許が失効してしまったら

不動産業を営む場合に必要な「宅建業免許」は、一度取得してしまえば永久に有効というものではなく、定期的に更新の申請を行わなければなりません。 結論から書いてしまいますと、現在、宅建業免許の有効期間は5年となっています。5年…

続きを読む

宅建業免許の種類「知事免許」と「大臣免許」の違い

不動産業を開業するために必要な宅建業免許は、管轄行政庁の違いによって「知事免許」と「大臣免許」に分かれます。 どんなとき知事の免許が必要で、どんなとき大臣の免許が必要なのでしょうか。また、宅建業免許の申請を進める上で気を…

続きを読む

宅建業免許が必要になるのはどんなとき?

宅地建物取引業を行うときは、あらかじめ管轄の行政庁に対して、宅建業免許の申請をして宅地建物取引業免許証を受けておかなければなりません。 この宅建業免許が必要となる「宅地建物取引業」に該当するのかしないのかの判断が意外と難…

続きを読む

不動産業の開業で問題になりやすい事務所要件と専任性要件

不動産業を開業する場合、っまず不動産会社を設立して(または個人事業として)行政庁から宅建業免許を受けた後、供託金の供託または保証協会への分担金を納付します。 この供託金の供託(または保証協会への分担金の納付)を行わなけれ…

続きを読む

 

宅建業免許の申請や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    ご希望のご連絡先(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡

    メッセージ本文

    ページトップへ戻る