知事の宅建業免許

開業に必要な宅建業免許の申請と、保証協会への加入を行政書士が代行します。

宅建業免許の申請(知事)と事務所写真の撮影、保証協会入会を合わせて報酬額100,000円+法定手数料33,000円

知事の宅建業免許とは

知事の宅建業免許は、宅建業(不動産業)に従事する事務所をすべて同じ都道府県に置く場合に、あらかじめ受けておかなければならない免許です。
※複数の都道府県に置く場合は大臣免許のページを参照ください。

免許申請代行サービスのエリアと内容

上川司法書士・行政書士事務所では、これから不動産業を開業(または新たな事業として追加)されるご予定の業者様に対し、宅建業の知事免許を新規に取得するための諸手続を代行させていただくサービスを提供しています。

宅建業免許の要件に適合するかを含め、事前の相談から書類作成、行政窓口への申請代行(そしてご希望の場合には保証協会への加入手続き代行)まで、総合的に支援させていただきます。

業務提供エリア

主に東京都、埼玉県、千葉県に事務所の設置を予定される業者様が対象です。(一部、交通費等の別途料金が必要となるエリアもございます)

サービスの内容

  • 宅建業免許申請に関する事前のご相談(要件確認など含む)
  • 知事免許の申請書作成
  • 必要書類の収集等(一般的な範囲での収集費用を含む)
  • 事務所の写真撮影
  • 行政庁への申請書提出代行
  • 保証協会への加入手続き代行

ご利用料金(知事免許・新規)

基本料金 100,000円(税抜)+33,000円(法定手数料)=133,000円(税抜総額)

※東京都23区以外の場合、上記の他に交通費等の実費が加算される場合がございます。

保証協会への加入手続き代行

宅建業を開始するには、行政庁への宅建業免許申請のほか、供託所への供託(本店のみの場合1,000万円)または保証協会へ加入しての分担金の納付が必要となります。

上川事務所では、後者の保証協会加入をご予定の業者様に対し、保証協会加入手続きの代行サービスも含まれております。

手続き代行の料金

宅建業免許申請代行と同時利用 0円(申請代行に含まれる)
保証協会入会のみ 30,000円(税抜)

保証協会利用の際の注意点

保証協会は、全宅(ハトのマーク)と全日(ウサギのマーク)のいずれかをご選択いただくことになります。加入の際、宅建業者としての分担金60万円の他、入会金や年会費など合わせて、ハトで約180万円程度、ウサギで約150万円程度の費用が必要です。

宅建業免許の相談をご希望の方へ

宅建業免許に関するご相談をご希望の際は、お電話にてご予約ください。初回の相談では、以下のものをご持参いただけると、相談がスムーズです。

  • ご本人様を確認できるもの(運転免許証や宅地建物取引主任者証など)
  • 履歴事項全部証明書(会社の場合)
  • 事務所の賃貸借契約書(賃貸借契約を既に結んでいる場合)
  • 事務所の図面

宅建業免許や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望のご連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る